朝の10分でやる気を出す方法【ノートとペンがあればOK】

朝の質問 コラム

あ~毎日が同じことの繰り返しで全然やる気が起きへんわ。むしろ朝起きた瞬間からやる気が出ぇへん。。


そんな無気力でもったいない人生を送ろうとしているあなたに、朝の10分だけでやる気が出る方法を伝授します。


僕はこの方法を毎日3年続けていますが、朝やる気が出なくて憂鬱ということは1度もないです。


自分の時間を大切にするためにも、そして有意義な人生を送るためにも有効な方法ですので是非リラックスして読んでみてください。

スポンサーリンク

10分でやる気が出てくる朝の質問【12個】

ノート

さっそく本題に入ります。


朝、起きてなるべくすぐにノートとペンを用意し、以下の12の質問とその答えをノートに書いてみてください。

①今、私は何に感謝しているか

まず最初に自分は何に感謝しているかを書きます。

人は毎日の生活に慣れていくにつれ、あたかも自分一人の力でここまで生きてこれたという錯覚に陥ります。


でもそんなことはありませんよね。


生んでくれた親もいれば、今までの人生の節目でお世話になった人や、助けてくれた人もいるはずです。


今日という日を迎えることができたのも、誰かのおかげということを人は忘れてしまいがちです。
何に感謝をしているかを毎日ノートに書き留めることで、大切なことを忘れずにすみます。


あるいは感謝している人ではなく、出来事でも良いでしょう。
毎日書くわけですから、おおげさなことではなくでも構いません。


例えば、”今日も天気が良い”とかでもいいわけです。コツは、あまり難しく考えないことです。
些細なことで大丈夫。毎日続けることが大切ですから。

今、私は何に感謝しているかを1つ書く

②今、私の生活において何が素晴らしいか

1つ目の質問とも関わってきますが、人は慣れる生き物です。
慣れてくると、人は感じる力が弱くなってきます。


あなたの生活において素晴らしいことは何でしょうか。
これも些細なことで大丈夫です。


例えば

・家賃が安いから毎月の固定費が削減できている。
・南向きの部屋だから毎朝太陽を拝むことができる。
・一人暮らしだから自分だけのペースで生活ができる。


何でもいいです。
思いつくことを1つだけ書いてみましょう。


そういえばこういうところも素晴らしいよなと、新たな気づきがありますよ。

今、私の生活において何が素晴らしいかを1つ書く

③今、私であることはなぜ素晴らしいか

自分の素晴らしい点を毎日書き出している人は、なかなかいません。
これを書くだけで、朝から少し満ち足りた気持ちになれます。


例えば

・今日は早く起きることができた
・昨日は仕事で成果が出せた
・毎日ブログを更新している


とか、これも些細なことで大丈夫です。頭を抱え込んで考え出す必要はないです。
パッと頭に思いついたことを書くのがコツです。

今、私であることはなぜ素晴らしいかを1つ書く

④誰が私を愛し、私を大切に思っているか

完全に1人で孤独に生きている人はいません。
生んでくれた親もいれば、一緒に住んでいるパートナーがいるかもしれません。


誰が自分を愛しているかという問題が難しく感じるなら、誰が自分のことを大切に思っているかを考えてみてください。


例えば

・遠くに住む両親
・最近付き合い始めた恋人
・会社の同僚や上司


コツは、事実を書く必要なないということです。


あの人は自分のことを大切に思ってくれているだろうという想像で構いません。
自分は1人ではないという感情が、人を満ち足りた気分にしてくれます。


朝起きてこれを書き出すことで、自然とやる気が湧いてきますよ。

誰が私を愛し、私を大切に思っているかを1人書く

⑤私は誰を愛し、誰を大切に思っているか

今度は逆に、あなたは誰を愛しているでしょうか。


愛されたり大切にされることももちろん幸せなことですが、自分から人を愛したり大切に思うことも、実はとても幸せな気持ちにしてくれます。

自分には守りたい人がいる、幸せにしたい人がいるということを毎日認識することで、やる気が出ないという状態になることはありません。


ちなみに僕は毎日、遠くに住む親か妻の名前を書いています。

私は誰を愛し、誰を大切に思っているかを1人書く

⑥今日、私は誰を助けるか。その人のために何をするか

ここまで書いた人はもうお気づきかもしれませんが、朝の12の質問は人とのつながりを再認識する質問が多いです。


6つ目のこの質問も、自分ではなく相手にフォーカスを当てます。

人は自分がしたことに対して他人から評価されたり感謝されたりすることで、生きがいややりがいを感じます。


今日あなたが他人に対してできることは何でしょうか。
助けるというと少しおおげさに感じるかもしれませんが、これも些細なことでいいんです。


いつも家事をしてくれている妻に代わって掃除をするとか皿洗いをするとか。
仕事でいつも困っている人を手伝ってみるとか。


いきなり行動に移すのが自信がないという人は、想像でもOKですよ。
この人のためにこれをやれば喜んでくれそうだなぁ。そう思えばすぐにノートに書きましょう。


実際にはやらなくてもいいです。
毎日書き続けているうちに、いつか行動に移せる日が必ず来ますから。

ある意味、自分を洗脳するということですね。
洗脳というと悪いイメージを持つ方もいるかもしれませんが、これは良い洗脳です。


どんどん自分の殻を破っていきましょう。殻を破る時に役立つのがこの質問です。

今日私は誰を助けるか。その人のために何をするかを1つ書く

⑦自分の人生をさらに素晴らしいものにするために今日何をするか

「自分の人生が今の時点で十分に満たされていてこれ以上は何も望まない!」
という人であればこの質問は不要かもしれません。


でも大半の人は自分の人生をより良いものにしたいと思っているはずですし、僕だってそうです。


自分の人生をよりよいものにするためには何をすべきかを考えるとボーっとしているヒマがないことに気が付きます。


例えば

・前々から興味のあった分野の勉強をする
・副業を始める
・妻に感謝の気持ちを伝えて冷え切った夫婦の仲を取り戻す

このノートは誰に見せるものでもありません。
自分の正直な心の声を書きましょう。

自分の人生をさらに素晴らしいものにするために今日何をするかを1つ書く

⑧最も大切なことが一つあるとしたら何か

人はそれぞれ価値観が違います。


人によってはお金だったり、ある人にとっては時間、またある人にとっては愛だと言います。

ただ、自分にとって大切なものが見えなくなってしまうと、人は混乱して行動ができなくなります。


もし毎日が同じことの繰り返しのような生活を送っているとしたら、自分にとって大切なことは何かなんて見直す機会はないでしょう。


あなたにとって最も大切なことは何でしょうか。
その価値観に沿って日々を送っているでしょうか。


毎朝この質問と向き合うことで、徐々に現実と自分の価値観とのギャップを埋めていくことができます。
もしそのギャップがあまりにも大きいのであれば、あなたの次の行動が見えてくるはずです。

最も大切なことが一つあるとしたら何かを1つ書く

⑨どのようにそれを楽しむか

9個目の質問は前回の質問の続きです。


自分にとって最も大切なことを1つ書きましたね。ではそれをどのように楽しむかを書きましょう。

例えば自分にとって最も大切なことはお金を稼ぐことだとしたら、どのように楽しみながらお金を稼ぐことかを書くのです。


自分の得意なことを活かしながらお金を稼げたらたのしそうですね。
あるいは稼いだお金で大切な人へプレゼントを買ってあげるのが楽しいという人もいるでしょう。


コツは、最も大切なことをする上でどうしたら楽しめるかを考えることです。苦痛とストレスに襲われながら何かを達成することはできません。

結果を出している人は、自分がやっていることの中に楽しみを見出している人です。


難しく考える必要はありません。今はできなくても理想でも構いません。
せっかくやるんだったら楽しみながらやりましょうよということです。

どのようにそれを楽しむかを1つ書く

⑩必ず成功するとわかっているから何をするか

10個目の質問は超ストレートなこの質問です。
簡単に言うと、夢が叶うならどんな夢を叶えるかということです。


人が行動できない理由は1つだけで、上手くいくかどうかが事前にわからないからです。
100%上手くいくと分かっていたら、人は何にでも挑戦することができます。
(その場合はもはや挑戦とは言わないかもしれませんが)

まず頭の中で、リスクや制限を取っ払ってしまいましょう。
何をしても上手くいく世界にいるとしたら、あなたは何をするでしょうか。
その答えがあなたの求めたい理想の姿です。


理想の姿を毎朝紙に書き下ろすことで、徐々にイメージが確立し、一歩ずつ行動できるようになります。

あとは細かいですが、質問をよく見てください。
“必ず成功するとわかっていたら”ではなく、”必ず成功するとわかっているから”です。


たらればの話ではありません。あらかじめ上手くいくと分かっているから何をするか?です。
成する気満々で書きたいことを書いちゃいましょう。

必ず成功するとわかっているから何をするかを1つ書く

⑪自分の状態を最高のレベルに保つために今日何をするか

風邪で39度の熱が出て寝込んでいながら朝の質問に答えることは難しいです。
できたとしても相当ネガティブな内容になるでしょう。

体調を崩す前に、自分の状態を最高のレベルに保つには何ができるかを書きましょう。
体調のことだけでなくとも、精神的に満ち足りた状態であるために今日何をするかという視点で書いてもOKです。


コツは“最高のレベル”という状態を想像することです。


僕の場合は毎日ジョギングすることが日課なので、ジョギングをすると書くことが多いです。
健康にもいいし、終わった時は気分もスッキリするので、ジョギングはお勧めですよ。

自分の状態を最高のレベルに保つために今日何をするかを1つ書く

⑫今日どのような人生の思い出を作るか

いよいよ最後の質問です。


正直、この質問が1番難しいです。
今日起きてから寝るまでに、どのような人生の思い出を1つ作りますか?という質問です。

毎日人生の思い出を作るのは大変です。
とは言え、昨日のことすらちゃんと思い出せない人生にもしたくありません。


ここでのコツもやはり、なるべく小さく考えるということです。


例えば

・作ったことのない料理を作った
・初めて違うルートで通勤してみた
・いつもと違う場所でランチしてみた
・いつもより1分早起きできた


昨日とは少しだけ違う1日にしてみることで、毎日同じような生活から抜け出せます。
しかもそれが自分の理想に向かっている変化だとしたら、千里の道も一歩からです。
自分の夢が叶う日が近づいているということです。


難しく考えず、人生の小さな思い出を積み重ねていきましょう。

今日どのような人生の思い出を作るかを1つ書く

朝の質問に答えるためのアイテム

朝の質問に答えるには、ノートとペンがあればできます。
ただ、できればですが普通の大学ノートとボールペンで書いていくのはお勧めしません。

理由は単純で、どこにでもある安物を使っても人はテンションが上がらないからです。


朝の質問は毎日欠かさず続けていくことが前提です。
毎日目に触れるものは、少しだけ良い物を使った方が続きやすいです。


例えば僕はモレスキンの白のノートに、万年筆に青のインクを入れて使っています。
なぜ青のインクかというと、黒より青の方が記憶に残りやすいと言われているからです。


モレスキン
万年筆
インク


万年筆は何でもいいと思いますが、ノートはこだわってモレスキンの白を3年間使い続けています。

他のノートよりは少し高いだけあって、筆の走り方が全く違います。万年筆との相性もピッタリ。
持っているだけでテンションが上がるアイテムなので、一冊持っていて損はしませんよ。

まとめ

まとめます。
10分でやる気が出てくる朝の質問12個は、

①今、私は何に感謝しているか
②今、私の生活において何が素晴らしいか
③今、私であることはなぜ素晴らしいか
④誰が私を愛し、私を大切に思っているか
⑤私は誰を愛し、誰を大切に思っているか
⑥今日、私は誰を助けるか。その人のために何をするか
⑦自分の人生をさらに素晴らしいものにするために今日何をするか
⑧最も大切なことが一つあるとしたら、何をするか
⑨どのようにそれを楽しむか
⑩必ず成功するとわかっているから何をするか
⑪自分の状態を最高のレベルに保つために今日何をするか
⑫今日どのような人生の思い出を作るか


です。


僕は3年間(2019年10月時点)、ほぼ毎日モレスキンのノートにこの質問と回答を書き続けています。

時間がある時に過去のノートを見返してみると、とても面白いことに気が付きます。
この時の自分はこういうことを考えていたんだということがわかるのはもちろんですが、ノートに書いたことが少しずつ実現しているのです。


今日書いたことが明日や来月叶うことはあまりないですが、それでも1年、2年と時間が経過がすれば気付かないうちに叶っていたということがたくさんあります。


やったことは毎朝10分を使って朝の質問と回答を書いただけです。


とにかく朝からやる気が出ないという人は、騙されてないと思って今日からやってみてください。


追伸:
どうしても信じられないという人は、ノートに書くとなぜ実現するのかがこの本に全て書いてあります。

非常識な成功法則


日本のコンサルタントの第一人者である神田政典さんの本なので、読んだことがある方も多いかもしれませんね。


ストーリー形式なので2時間くらいでサクッと読めますよ。

タイトルとURLをコピーしました