ブログのネタ切れがなくなる3つの秘訣【初心者向け】

ブログネタ切れ 稼ぐ

あかん、せっかくブログ始めたけど早くもネタ切れや・・・。こんなんで100記事も書けるんやろか。ブログで稼げるようになる前に挫折しそうや~


そんなあなたに、ブログを始めてから毎日1記事以上は更新し続けている僕が半永久的にネタに困らないようにするための秘訣をお伝えします。


このブログを読み終わる頃には、あなたはブログで書くネタが頭に思いついているでしょう。

スポンサーリンク

ブログのネタ切れ解消法その1:2年前の自分に向けて書く


先日、僕はTwitterでこんな投稿をしました。

ブログを書き始めて10記事を超えたくらいからネタが尽きたと思いましたが、冷静に考えて30年以上生きてきてネタが無いわけがないですね。
ネタが無いのは単なる思い込みで、ネタが無いのではなく経験の棚卸しができていないことに気づきました。他人の役に経つ経験はまだまだあるはず。


このツイートを少し掘り下げてみます。


僕はブログを始めた当初、とにかく読者の役に立つ情報を書こうと必死でした。
ブログを書いている人は、誰もがこんなことを聞いたことがあると思います。

「ブログは読者のためになることを書きましょう」


それはその通りなのですが、あなたは読者がどんな方かわかりますでしょうか。

・年齢
・性別
・仕事
・趣味
・習慣


どんな人がブログを読んでくれているか、あるいはどんな人に読んで欲しいか、明確ですか?


ブログを始めた当初、僕にはそこまでイメージすることはできませんでしたし、最初からイメージを固めたくないとすら思いました。


とは言え誰のためにもならない日記を書くのは時間がもったいないですよね。芸能人でもない限り誰にも読まれないでしょう。
誰にも読まれないものを書き続けるのは、虚しすぎます。


じゃあ誰の役に立つ記事を書けばいいの?と思った時に、僕は過去の自分に対して書くことにしました。
どれくらい過去かというと、2年前の自分に向けて書くことにしました。

1年前の自分でもいいですが、あまり変わっていない可能性もありますし、
3年前だとその時の自分が考えていたことをうまく思い出せないこともあります。
2年前くらいがちょうどいいです。


2年前の自分が知りたかったことを書きましょう。


過去の自分を救うためというと少し大げさですが、過去の自分が知りたかったことを書くんです。
そうすることで、今までどんな人かわからない人のために書こうとしていたブログの記事が、
誰のために書けばいいか明確になります。


と言うと、自分が知りたかったことなんて書いても誰の役にも立たないんじゃないの?
という人がいると思います。


全く問題ないです。

自分と同じ悩みを抱えている人は世の中にゴロゴロいます。
“過去”の自分が知りたかったことは、他の誰かが”今”知りたいことでもあります。


つまり、過去の自分に向けて書くということは、他の誰かのために書くことでもあるのです。


過去の自分が悩んでいたことで、いま自分がすでに解決していることってありますよね。
なんであんなことで悩んでいたのかな?とか
なんでこんなことも知らなかったんだろうということが誰でもあると思います。

こんなこと誰でもしってるよなと思うことが1番のNGです。
あなたも知らなかったんですから、今も知らない人は必ずいます。


2年前の自分にとって、いまのあなたは未来にいる人です。
2年前の自分を助けるつもりで、1つ1つ記事を書いていきましょう。
そう簡単にネタはつきませんよ。

ブログのネタ切れ解消法その1:2年前の自分に向けて書こう
 

ブログのネタ切れ解消法その2:関連キーワード検索を使う


あるツールを紹介します。もうご存知の人は読み飛ばしてもらって大丈夫です。


ブログを執筆している人なら使っている人は多いですが、関連キーワード検索というツールを使いましょう。もちろん無料です。


何でもいいので、自分が興味のある分野の単語を入力してみてください。
僕は中国語が好きなので、中国語と入力してみますね。

関連キーワード


すると中国語と関連するキーワードがズラっと出てきます。
1番左上に出てくるgoogleサジェストが、よく検索されているキーワードということです。

ここに出てくるキーワードを組み合わせて記事を執筆していけば、何本もの記事を作成することができます。


もしgoogleサジェスト内のキーワードで記事を書ききったら、次はその下の「あ」行から1つずつ書いていけばいいだけです。


おススメは、最初は自分が得意なキーワードで検索することです。
そうすることでブログ開始時に筆が進んで記事数を積み重ねることができます。


僕は中国語が得意なので、中国語に関連する記事を書いていくことで、ブログ開始時に勢いよくスタートを切ることができました。

関連キーワード検索が優れている点


関連キーワードが優れている点は、yahoo知恵袋や教えてgooで誰かが質問しているキーワードも拾ってくれる点です。画面の右の赤枠の部分ですね。

関連キーワード右


例えば中国語と入力すると、人が中国語に関してどんな質問をしているのかを見ることができます。その質問の答えとなる記事を書けば、それはアクセスが集まりやすい記事となるわけです。


こうして1記事ずつ着実に増やしていくことができます。

ブログのネタ切れ解消法その2:関連キーワード検索を使おう
 

ブログのネタ切れ解消法その3:楽しんで書く


先日、不動産投資家のもふさんがTwitterで面白いツイートをしていました。

Twitterは自然体がおすすめ
・意識高い系
・役に立たなきゃ系
・無理やりキャラ作った系
・バズ狙いすぎ系
いろんな方を見てきましたが、それでは続けるのが難しいと思います。
無理せず自然体でつうやき、反応いい方向に寄せていくのがお勧め。


バズというのは拡散という意味です。
このツイートはTwitterの話ですが、ブログにも言えることです。

ちなみに僕は役に立たなきゃ系に当てはまっていました。自分で自分の首をしめているようなものでした。


もちろん他人の役に立てれば嬉しいですが、それが第一になってしまうといつか行き詰ります。
これは誰かの役にたっているのか?と不安になり、むしろ誰かって誰だ?と、堂々巡りの悩みから抜け出せなくなります。


ブログは1年たたずにやめていく人がほとんどと言われていますが、ブログで生活している人がいるのも事実です。

ブログをやめていく人とブログで稼いで生活している人の違いは1つだけで、
続けているかどうかということに尽きます。


あなたにも何かしら長く続けているものがあると思います。
趣味でもいいですし、何かの習慣かもしれません。


長く続いているものは、必ずどこかに楽しさを見出しているはずです。
苦痛でしかないものは続いていないですよね。


ブログを続ける上で、楽しさをなるべく早く見つけましょう。


例えば

1. 記事を1本更新するたびに自分へのご褒美を買う(アイス?チョコ?)
2. 身近な人に見てもらって褒めてもらう(できれば改善点も)
3. ブログ収益が毎月50万円を超えていつでも脱サラできる自分を想像する


個人的には3がおすすめですね。やはり具体的な数字を決めると想像しやすいです。
ひとそれぞれ楽しみを感じるポイントは違いますので、自分だけの楽しみを見出しましょう。
今日からすぐにできるはずです。


ブログを書くのが楽しくなってくると、記事の数はどんどん増えていきます。
記事の数が増えると言うことは、読者の目にも触れやすくなって、基本的にアクセス数も上がっていきます。アクセスが上がるということはブログの収益も上がるということです。

ブログ書くの楽しい→記事数増える→PV増える→収益アップ


ここまで行くと、ブログを書くのが好きからブログを書くのが習慣になります。
ブログを書かないと気持ち悪いくらいになると収益もついてきているはずです。


収益が発生する前に心が折れて挫折してしまう人がほとんどです。
心が折れる前に楽しみを見出すことは必須だということを忘れないでください。

ブログのネタ切れ解消法その3:楽しんで書く
 

まとめ


最後にまとめます。

ブログのネタ切れ解消法その1:2年前の自分に向けて書く
ブログのネタ切れ解消法その2:関連キーワード検索を使う
ブログのネタ切れ解消法その3:楽しんで書く


僕はブログのネタ切れ解消法の最初に、2年前の自分に向けて書くと紹介しました。
ただ、唯一この記事だけは、2年後の自分に向けて書いています。


ブログの収入だけで家族を養っている自分を想像しながら、
ブログを始めた当初からこんな記事を書いていたのかと驚いている自分を想像しながら、
今日も明日もブログを更新していきます。


もし今回ご紹介した方法を使ってもネタ切れになる時が来たら、また新たな方法を紹介しますね。


次回もお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました