中国輸入×メルカリ転売で月利5万円達成するまでにやったこと【5選】

稼ぐ

これと言って得意なことはないけど、コロナのせいで将来も不安だし、
なにか月に5万円でも稼げる副業ないかなぁ〜

そんなあなたに、中国輸入×メルカリ転売という副業で月利5万円を出すまでに僕がやったことをご紹介します。

*すでにやってるよという人はこちらの中級者向けの記事をご参考ください。
中国輸入×メルカリ転売の中級者向け記事

まず最初に、中国輸入×メルカリ転売で月利5万円を稼ぐために必要なものをご紹介します。

スポンサーリンク

中国輸入×メルカリ転売で月利5万円を稼ぐために必要なもの3選

・資金10万円
・パソコン
・インターネット環境

1つずつ簡単に解説しますね。

中国輸入×メルカリ転売で月利5万円を稼ぐために必要な資金は10万円

これは絶対に10万円ぴったりじゃないとダメというわけではありません。
5万円でも7万円でもいくらでもいいです。

僕が実際に月利5万円を稼いだ時に仕入れに使った資金が10万円だったというだけですが、10万円には実は理由があります。月利5万円を稼ごうとすると大体10万円前後ほど必要になる人がほとんどのはずです。

その理由については後述しますね。

中国輸入×メルカリ転売で月利5万円を稼ぐためにPCは必須

物販を教えていると時々ですが携帯で乗り切ろうとする猛者がいますが、いますぐ携帯を叩き割ってもいいのでPCを購入してください。

携帯でも不可能ではないのですが、PCと比べて作業効率に雲泥の差が出ます。
何より携帯の小さい画面で副業しようとするとストレスが半端ではないと思います。

僕はPCどころかモニターも設置して2画面で作業しています。

中国輸入×メルカリ転売に限らず、PCは仕事をする上で最低限の設備ですので、PCがないという人はまずPCを購入するところからスタートになります。

windowsで良ければ10万円以下でも性能の良いPCはごろごろありますよ。

インターネット環境を快適化することで副業の効率もアップ

これはレアなケースですが、時々家にPCどころかインターネット環境もないという人がいます。

この記事を読んでいる人でそんな人はいないはずですが、家のインターネット回線がとにかく遅いという人は意外と多いです。

はい、何を隠そう過去の僕です。

メルカリを使うくらいならある程度どんな回線を使っていようと問題なく使えると思いますが、僕のように動画のような容量が大きいデータを扱うことが多い人は家全体の回線が遅くなってしまいます。

もし家のインターネット回線が遅くて悩んでいるならこちらの記事をご参考ください。
動画編集者が選ぶネット回線はこれ【NURO1択です】

さて、前置きはこれくらいにして、本編に入っていきましょう!

先日僕はこんなツイートをしました。

中国輸入×メルカリで利益5万円達成するまでの道のり

①両学長の中国輸入の動画を見る
②自分が欲しいと思うジャンルに絞ってリサーチ
③ラクマート経由で10万円分の商品を仕入れる
④輸送費削減のため総重量は21キロ以上
⑤早く売りたいのでOCSで輸入
⑥画像を編集して販売

これ誰でもできるな・・・

最後にも書いてある通り、実際にやってみると再現性が非常に高く、誰でもできると感じたのでこの記事を書いています。

自信を持って言えますが、中国輸入×メルカリ転売は何か特殊なスキルが必要なわけでもなく、人の能力によって結果が左右される副業でもありません。

仕入れの方法も販売のテクニックも、すでに決まった「型」があるのでその型に当てはめながら作業をしていくことで月額5万円を稼げてしまいました。

今回は上記のツイートに沿って1つずつ解説していきます。

ステップ① 両学長の中国輸入の動画を見る

いきなり他力本願が炸裂ですが、中国輸入の全体像について文字で理解することは少し大変です。

こちらの動画は1時間ありますが、逆に中国輸入の全体像を把握するにはこれで十分すぎるほどです。
時間がない方は倍速にしてサクッと観てみてください。

最初は全部理解できなくても大丈夫です。
実際に手を動かしていくと嫌でも覚えていきます。

以下の内容は基本的にこの動画の情報を基盤とした内容となっていますので、この動画を観たことがない方は1度ご覧になってみてください。

僕もここから全てが始まりました。

この動画を見るだけで月利5万円を達成してしまう人もいるかも知れませんね。

ステップ② 自分が欲しいと思うジャンルに絞ってリサーチ

中国輸入×メルカリ転売でまず初めにすることはリサーチです。

よほどこだわりたい商品ジャンルがある人なら別ですが、最初は仮に売れ残っても自分が欲しいと思える商品やジャンルをリサーチしましょう。

そうすることでリサーチという作業自体が楽しくなりますよ。

ちなみに僕の場合はファッションが好きなのでメンズのアパレルを主にリサーチしました。

ただこの方法だとリサーチそっちのけで自分が欲しいものを普通に買い物してしまう恐れがあるので注意が必要です。

リサーチの方法もめちゃくちゃシンプル。

メルカリでプロが撮影した風の画像を見つけて、1688.comで画像検索するだけ。

プロが撮影した風の画像とは、例えばモデルを使って撮影しているものや照明が綺麗な画像のことです。

例えばこういう写真ですね↓

商品をメルカリで販売するためだけにこういう写真は素人では取らないものです。

この写真も試しに1688.comで画像検索するとこの通り↓

たくさん仕入れ先が見つかりますね。

このように慣れていけば中国輸入品の画像はすぐに見つけることができるようになります。
やればやるほど見つかるスピードは早くなっていきますので、宝探しの感覚で楽しみながらやっていきましょう〜。

ステップ③ ラクマート経由で10万円分の商品を仕入れる

上記の動画でも紹介されている代行会社ラクマートが初心者にとってはオススメです。
理由はサイトの使いやすさが他社と比べてダントツに使いやすいからです。

他社にも評判の良い代行会社はあるのですが、とにかくサイトが使いにくすぎるので初心者にとって出鼻を挫かれる恐れがあります。

ラクマートは評判も知名度もバツグンなので、あえて他社を使う理由がないということです。

じゃあなぜなぜ仕入れるのは10万円分なの?という疑問が出てくると思います。
これはキッチリ10万円分を仕入れなければいけないということではありません。

正確に言うと1回の発注で20キロ分を仕入れることをお勧めしますということです。

次の章で解説します

ステップ④ 輸送費削減のため総重量は20キロ以上

20キロ分となると仕入れ値が大体10万円前後になることが多いです。

じゃあなぜ20キロ分なの?と言う疑問が出てくると思いますがこれは輸送費に関係してきます。

メルカリで月に何十万円も稼いでいるいわゆるガチ勢と呼ばれる人は扱う物量も多く、船便を使っている人がほとんどです。

その人たちは20キロどころか100キロを超える物量を扱っているので、船便を使わないと輸送費が高くなりすぎるんですね。

しかし初心者がいきなり何十キロも仕入れて船便を使う必要はありません。そもそも何十万円もの資金が必要になってしまいますし、船便を使うということは日本に到着するまでに最低でも2週間以上かかってしまいます。

初心者のうちはなるべく早く仕入れてPDCAサイクルを回し、どんどん商品と資金を回転させていく必要があります。

なので最初の方は航空便を使い、スピーディーに売買を繰り返していきたいところです。

そこで使う輸送方法がOCSになります。
EMSもありますが、OCSのほうが基本的には安いです。

20キロ以上だと最もコスパが良く運べるので、1回の発注は20キロ以上がお勧めです。
20キロの物量を仕入れるとなると大体10万円前後であることが多いということです。

10万円も資金を使いたくないという人は5万円からでもOKです。

20キロを超えると輸送費が少し安くなるんだなということを知っているか知らないかだけで、基準となる重量の目安を立てることができます。

ステップ⑤ 画像を編集して出品する

さて、仕入れが完了すると日本に商品が到着するまでに販売の準備を始めます。

メルカリで商品を販売するにあたり最も大切なことが、画像編集です。

なぜなら基本的に他の人と同じ商品を販売する中国輸入×メルカリ転売において、画像こそが他者と最も差別化しやすい要素だからです。

メルカリで稼ぐための画像編集のポイント

とにかく1枚目を目立たせる

これだけです。

お客さんがその商品をタップするかどうかを判断するポイントは1枚目の画像です。
1枚目の画像で目立っていないと、お客さんの目を引くことはできません。

とにかく目立たせる、派手にする。
これを意識してください。

2020年10月の時点では画像についてメルカリ側で規制があるわけではありません。

一方でAmazonでは1枚目の画像は白抜き限定という規制があります。
なので1枚目の画像に文字を入れたり影をつけたり色を付け足したりといったことはできないんですね。
(規制を無視している中国人セラーはたくさんいますが、そのうち淘汰されるでしょう)

メルカリもそのうち規制が入る可能性はありますが、少なくとも今は自由に画像を加工することができます。

実際にどんな加工をするの?ということですが、こちらの記事で詳しく解説していますので合わせてご参考ください↓
中国輸入✖️メルカリ転売で利益5万円を達成する方法を公開します

オススメの画像編集ソフト

僕はadobeのphotoshopを使っています。

というのも、動画編集の仕事もしている関係でadobeと契約しており、動画編集はpremiere pro、画像編集はphotoshopで使い分けています。

photoshopはプロのクリエイターも使うソフトなので情報も多く、慣れればいろんなことができるのですが、初心者にとって唯一のデメリットとしては有料であることだと思います。

photoshopだけを使う契約でも月額2000円以上はかかるので、なるべく固定費を抑えたい方なら無料のcanvaがオススメです。

最近はyoutubeのサムネイルもcanvaで作っていますという人も増えてきているくらい、直感的に操作できるので画像編集の初心者の方にもピッタリのソフトです。

まとめ

以上が僕が中国輸入×メルカリ転売で月利5万円を突破するまでに意識したことです。

この記事では細かいテクニックなどは省きましたが、今から始めようとしている人にはなんとなくイメージを持ってもらえたのではないでしょうか。

実際に中国輸入×メルカリ転売をやってみて感じたことは、とにかく手軽に始めることができるということ。

中国の商品は1つ1つの値段がとても安いし、もしいきなり10万円から始めるのが不安な人は
1万円から始めることも可能です。

大切なことは、とにかくやってみること。

どんな副業をするにしても、やっていくうちに試行錯誤を重ね、改善していくうちにどんどん稼げる金額が大きくなっていくものです。

この記事が少しでもあなたの行動に繋がることを祈ります。

最後に、より確実に月利5万円を稼ぎたいという方はこちらの記事をご覧ください。
こちらはよりテクニックを詳細にまとめた記事です。よし、やってみようと思う方だけご参考ください↓
中国輸入✖️メルカリ転売で利益5万円を達成する方法を公開します

タイトルとURLをコピーしました