楽天スーパーセールでポイントを賢く貯める方法【もう損しない】

守る

楽天スーパーセールって最近よく聞くけど、まだ使ったことないわ。そんなにお得なん??

そんなあなたに、楽天経済圏にどっぷり浸かっている僕が分かりやすく解説します。


この記事を読むことで、楽天スーパーセールがどれほどお得かを知ることができると同時に、日頃の買い物で損をすることがなくなります。

 

スポンサーリンク

そもそも楽天スーパーセールって何?

楽天スーパーセールって何?


3ヶ月に一回開催されている楽天市場のお得なセール期間のことで、3月、6月、9月、12月に開催されています。

単純に、普段の商品が半額や20%〜30%オフで販売されるのは当たり前、物によってはもっと安く販売されることもあります。


ちなみに楽天が運営しているインターネット上のショッピングサイト”楽天市場”で開催されます。
どこかに出かけて買い物をしにいくわけではないので注意ですよ。

楽天スーパーセールでポイントをお得に貯める攻略法【全10選】

ポイント貯める


ここからは実際に楽天スーパーセールでポイントをお得に貯める方法をご紹介します。
8つの順番も大切になってきますので、1つずつゆっくりと読み進めていってください。
1つ1つはとても簡単な内容になっています。

楽天カードを作る

本題に入る前に、楽天カードを持っていない方は作っておいてください。
楽天カードでお買い物をしないと、今回ご紹介するポイントの恩恵が大幅に減ってしまいます。


こちらから無料で作れます。
楽天銀行ホームページ

楽天スーパーセール期間に最低10店舗で買い回りをする

お買い物マラソンとも呼ばれていますが、最低でも10店舗でお買い物をする必要があることを覚えておいてください。


何も高いものを買う必要はありません。千円ちょっとするものを10店舗ずつで買えばOKです。
理由を説明しますね。


こちらの図を御覧ください。

お買い物マラソン

楽天スーパーセールでは、お買い物をする店舗が増えれば増えるほどポイントが増えていく仕組みになっています。最多で10店舗までですが、10店舗でお買い物をするとポイントが10倍までつきます。


10倍というのがわかりにくい場合は10%のポイントがつくということですね。


例えば10店舗で合計2万円の買い物をした場合、通常貰えるのは200ポイントですが、ポイントが10倍になると2000円貰えることになります。


ただし2つ注意点があります。

・事前にエントリーをしておく必要がある
・999円以下のお買い物はカウントされない


エントリーに関しては、楽天スーパーセールの時期になればエントリー方法もホームページ上でできますので、忘れずにエントリーしておきましょう。

楽天スーパーセールでは何を買えばいいの?【消耗品がオススメ】

ここまで読んだ方の中には、

10店舗で各1000円以上ということは、最低でも1万円は買わないといけないじゃん。そんなに買うものないよ。。


という人もいるでしょう。僕も普段ネットで1万円以上買い物をすることは少ないです。
そんな方には、日用品をまとめ買いすることをおすすめします。


どれだけ買い物をしない人でも、日用品を買わずに生活できる人はいませんよね。
以下に楽天スーパーセール時に買っておくと良いオススメの日用品をご紹介します。


これらを3ヶ月に1回、楽天スーパーセールで買っておくと、普段は近所のスーパーで日用品を買う必要がなくなりますよ。

【楽天スーパーセールで買っておくと良いもの】
・お米
・調味料
・歯ブラシ
・トイレットペーパー
・ティッシュ
・洗剤
・シャンプー、ボディソープ、石鹸
・サプリメント
・非常食、水


これらを買うだけで1万円は超えます。
つまり楽天スーパーセールの時に10店舗に分けて買って10%のポイント還元をもらえれば、普段使っている近所のスーパーで買うよりもお得に買物ができるということですね。


普段はものによっては楽天よりAmazonの方が安いものもありますが、ポイント還元を考えると結果的に楽天の方が断然安くなります。

楽天スーパーセールでは家電もオススメ

楽天スーパーセールでは基本的に消耗品や日用品がオススメですが、家電も安くなります。

家電のように値段が高いものを買う場合は、ポイント還元も加味することでAmazonとの価格の差が顕著になります。


スーパーセール期間中に”家電祭り”というキャンペーンが開催されることもあるので、その期間に買えばさらにお得になります。

ふるさと納税も楽天スーパーセール期間にやっちゃおう

ふるさと納税はメディアでもたくさん報道されていますので、既にやっている人も多いのではないでしょうか。

返礼品が豪華な上に税制上の控除も受けることができるなんて、お得でしかない制度ですよね。
ふるさと納税についてはこちらの記事でも触れていますので興味があればご覧ください↓
一人暮らしのサラリーマンが1年で37万円浮かす節約術【8選】


ふるさと納税をしている人は、寄付をするタイミングについて考えたことはありますか?
なんとなく思いついた時に寄付している人が多いと思います。


せっかくふるさと納税をするなら、ポイントがお得な楽天スーパーセールの時にやっちゃいましょう。
全く関係ない時に寄付するよりも、ポイントが増えてお得ですよ。

楽天スーパーセール期間の5日か10日に買う

こちらは少し地味なテクニックですが、楽天スーパーセール期間の5日か10日にお買い物をしましょう。
なぜならこの両日のどちらかでお買い物をすると、追加で2%のポイントがもらえるからです。

ポイント5倍

*0のつく日とありますが、楽天スーパーセールは月の上旬に開催されることがほとんどなので、5日か10日が狙い目です。
*ポイント5倍とありますが、実質は2%になることが多いです。それでも大きいですよね。

SPUを攻略しよう

SPUとはSuper Point Up Program(スーパーポイントアッププログラム)の略で、楽天のサービスを利用すると還元率が上がっていく仕組みのことです。


例えば楽天が提供するサービスはこれだけあります。

ポイントアップ


生活に必要なサービスがまるっと揃っているので、楽天が提供するこれらのサービスを利用して生きていくことを、楽天経済圏で生きるといいます。


楽天カードを使ってこれらのサービスを利用するだけで、雪だるま式にポイントが貯まっていくというわけですね。


もちろん全てを使っている猛者はなかなかいないですが、上の写真の赤枠で囲われている部分のサービスを使うだけで、
ポイント還元が6%になります。

楽天カード       倍率+2%
楽天銀行+楽天カード 倍率+1%
楽天証券                  倍率+1%
楽天モバイル             倍率+2%


全て足してポイント還元6%ですね。
ちなみに僕は上記の他に楽天でんきも使っていますのでポイント還元率が6.5倍になっています。

ポイント実績


今後も楽天のサービスを利用して、ポイント還元率を増やしていこうと思っています。

楽天Rebatesを利用しよう

楽天Rebatesはご存知ですか?
これは意外と知らない人が多いサイトです。
楽天Rebates


簡単に言うと、楽天市場では扱っていない商品や店舗が集まっているサイトです。


楽天Rbatesも、楽天スーパーセール時には割引で商品をかうことができます。

楽天Rebatesの特徴としてはappleが入っていることがまず挙げられます。


appleって普段セールとかポイント還元とかしないじゃないですか。
それが楽天スーパーセール時にRebates経由でappleの商品を買うとポイントが貰えるというのは、apple好きの方にとってはありえないことですよね。


実質、割引の価格でapple製品が買えるということです。
もちろんしっかりポイントもついてくるので、知らない方は是非チェックしてみてください。

期間限定ポイントを消化しよう

楽天ポイントにはデメリットもあり、使える期間が限定されているポイントもあります。

期間限定ポイント


上の写真で言うと、2321ポイント中の10ポイントは使用できる期間が定められていますね。


10ポイント(10円)くらいならスルーでもいいですが、せっかく貯めたポイントが無駄になってしまうのが嫌だと言う人は使ってしまいましょう。


普通に楽天市場でお買い物をする時に使ってもいいのですが、オススメは楽天ペイで使うことです。コンビニやドラッグストアで使いやすいので、まさに小さな金額の小銭を使うにはうってつけです。


楽天ペイを含めQRコード決済についてはこの記事でも詳しく解説しています。
QRコード決済のメリットとデメリット【FPがわかりやすく解説】

ポイントで投資をする

ここからは楽天スーパーセールでがっぽり貯まったポイントを賢く利用する方法です。
最もオススメのポイントの使い方は、投資に回すということです。


特に男性は、ポイントを集めることに興味がない人もいますよね。
なんだか管理が面倒くさそうだったり、ポイントのために買い物をしてしまいそうな気がしたり。


ただ、楽天のポイントが他と違う点は、ポイントを楽天証券で使えることです。


つまり普段の生活で必要なものを買って勝手に貯まったポイントで、資産運用までできてしまうということです。

楽天ポイント投資

*楽天証券の画面です。


“投資は怖い、自分のお金がなくなったら嫌だ”
という人も、ポイントから始められるのであればスタートを切れるのではないでしょうか。
仮に失敗したとしても失うのは買い物で貯まったポイントだけです。


簡単にシミュレーションしてみましょう。


仮にあなたが楽天で、毎年20万円の買い物をするとします。
楽天スーパーセールは毎年4回なので、1回ごとに5万円のお買い物をした場合ということです。


日用品や消耗品、時々家電や食料をまとめ買いするとしたら、決して不自然な金額ではないと思います。


今回お伝えしたとおり楽天スーパーセールでお買い物をすれば、20万円のうち10%のポイント還元を受けることができますよね。
20万円の10%ということは2万円分のポイントが毎年貯まりまることになります。


仮にこの2万円分のポイントを、全額投資に回して年利5%20年運用したとします。


結果は以下の通りです。

*2万円を12ヶ月で割っているので、毎月積立額は1666円と表示されています。

結果、20年間で約68万円になります。


運用していなければ2万円×20年ですから40万円です。
つまり、何も運用しなかった時と比べて28万円も増えたということです。


ここまでは大丈夫でしょうか?
よくわからないという人は、大切なところなので何度も読み返してくださいね。


では、さらにもう一歩踏み込んでシミュレーションしてみましょう。


仮にポイントだけでなく、少しは自分のお金も入れてみようということで、年間のポイント2万円に加えて自分のお小遣いから8万円を入れてみるとします。


年間の投資額は合計10万円ということですね。
年間で8万円くらいなら自分のお金を投資してみてもいい人がほとんどではないでしょうか。
同じく年利は5%20年間運用したとします。


結果はこうなります。

*10万円を12ヶ月で割っているので、毎月積立額は8333円と表示されています。

20年間で約342万円になります。


ポイントで貯まった2万円に自分の財布から8万円を追加して20年ほど毎年運用するだけで、ポイントだけを投資したら68万円にしかならなかったお金が342万円になる計算です。


つまり274万円もの利益が運用によって増やせたということです。


税金は含まれていませんし、20年間も右肩上がりで運用できることはありません。
でも運用をしないことには、複利で資産が伸びていくこともありえません。


投資をするにあたってポイントを活用できるという点は、資産運用を考えている人にとっては大きな後押しとなります。


楽天でポイントを貯めれば投資家デビューの道があるということですね。
楽天証券の口座はこちらから無料で作ることができます。
楽天証券

まとめ

最後にまとめます。


楽天スーパーポイントで賢くポイントを貯めて行く方法は、

・楽天カードを作る
・楽天スーパーセール期間に最低でも10店舗で買い回りをする【お買い物マラソン】
・楽天スーパーセールでは何を買えばいいの?【消耗品がオススメ】
・楽天スーパーセールでは家電もオススメ
・ふるさと納税も楽天スーパーセールのときにやっちゃおう
・楽天スーパーセール期間の5日か10日に買う
・SPUを攻略する
・楽天Rebatesもチェックする
・期間限定ポイントを消化する
・貯まったポイントを投資で使う


以上です!


これだけ知っておけば楽天スーパーセールでわからないことはないはずです。

もしまだ日用品や消耗品を近所のスーパーやコンビニで買っているとしたら、次回の楽天スーパーセールを利用してまとめ買いしてみてはどうでしょうか。


1回や2回では言うほどポイントは貯まらないかもしれませんが、日用品はこれから生きていく上でずっと買い続けるものです。


ずっと買い続けていくうちに、ポイントは雪だるまのように大きくなっていきます。


そのポイントを使って投資で資産運用ができるなんて、こんなに素晴らしいことはないと思います。


これからの時代はスマートに買い物をして、スマートに資産運用をしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました