忙しい人でも時間を作ることができる3種の神器【1日30分増】

timeislife コラム

毎日の仕事が忙しくて会社と自宅の往復しかしてない。もっと自分の自由な時間があれば副業とか色々できるのになぁ・・・


そんな時間に追われまくっているあなたに、時間を作るための現代版3種の神器をご紹介します。


この記事を読むことで、あなたは自由な時間がないというストレスからも開放される上に、控えめに言って1日の時間を30分以上は増やすことができます。

誰にでもできる簡単なことなので、お気に入りのコーヒーでも飲みながら楽しんで読み進めてみてください。

スポンサーリンク

食洗機を手に入れて1日5分の時間を作る

食洗機

家で食事をすれば食器を洗うと思います。
この食器を洗う手間と時間から解放させてくれるのが、食洗機です。


食器洗いほど無駄な家事もなかなかありませんよね。洗っている時は他の場所に行くこともできず、動画や音声を聞こうとしても水道の水の音でかきけされてしまいます。

特に冬の寒い時期の食器洗いほど苦痛なものはありません。手がかじかんで、ひどい人だと洗剤で手が荒れたりします。


そもそも食器を洗うのが好きという人はいないのではないかとすら思えます。


ウチは料理を作るのが妻、食後の食器洗いは僕という役割分担だったので、速攻で食洗機を導入しました笑

食洗機は高いと思われがちですが、安ければ1万円ちょっとで買うことができます。
楽天スーパーセール等のキャンペーン時に買えば1万円を切る値段で買えます。


*楽天スーパーセールって何?という方はこちらの記事で詳しく解説しています。
楽天スーパーセールでポイントを賢く貯める方法【もう損しない】


この苦痛と手間から解放される上に時間の節約にもなると思うと、1万円ちょっとという金額は
迷わず投資ししました。


食洗機

食洗機を手に入れて1日5分の時間を作る

ルンバを手に入れて1日10分の時間を増やす

ルンバ

掃除は1週間に何回していますか?
1回掃除をする時はどれくらい時間をかけているでしょうか。


もちろん家族構成や住んでいる家の広さにもよりますが、仮に1日に平均して10分かかっているとしましょう。
1日10分ということは1ヶ月で300分、1年で3600分(60時間)です。


この時間を作り出す解決策が、もうご存知のルンバですね。

ただしルンバはあまりケチらないほうがいいです。
なぜかと言うと、あまり古いルンバを買ってしまうとバッテリーの持ちが悪かったり、ちゃんと元の場所に戻らないという不満の声もよく耳にします。


ルンバを買って掃除の苦痛から解放されたいという人は、少し高くても新しい性能の良いルンバを購入することをおすすめします。


年間で60時間もの時間が数万円で手に入るなら、投資としては申し分ないですね。

年間で60時間できるということは、1年間で3日ほど余分に時間ができるということです。


3日あれば何がしたいですか?


ゆっくり国内旅行だって楽しめますし、ひたすら趣味に没頭するのもいいでしょう。


ルンバ

ルンバを手に入れて1日10分の時間を作る

ドラム式洗濯機を手に入れて1日15分の時間を作る

ドラム式洗濯機

時間を作り出す現代版3種の神器の最後の1つは、ドラム式洗濯機です。

上記でご紹介した食洗機とルンバも十分に感動するのですが、ドラム式洗濯機の感動には敵いません。


簡単に説明すると、従来の洗濯機では服を洗濯して干して収納するという流れでしたが、ドラム式の洗濯機を使えば干すという作業がいりません。


洗濯して乾燥もしてくれるので、時間がきたら洗濯機から取り出してダイレクトでタンスに服を収納できます。

【従来の洗濯機】
服を洗濯する→干す→収納

【ドラム式洗濯機】
服を洗濯する→収納


干すという作業がなくなるだけで、これほど人はストレスから解放されるのかというくらい感動します。


朝に家を出る前に洗濯機を回すと仕事から帰ったら乾燥まで出来上がっているし、夜寝る時に洗濯機を回すと、朝起きたときには出来上がっています。


こういう話をすると、

いやいや、従来の洗濯機でも乾燥機能ついてるやつあるで!


という人がいると思いますが、従来の乾燥機能とは全く違います。

従来の洗濯機の乾燥機能で服を乾燥させると、まず服が痛みます。
取り出した時になんかゴワゴワしてませんか?肌触りが優しくないんですよね。


あとは少し嫌なニオイがしますよね。

一方でドラム式洗濯機の乾燥機能は、とにかく優しい。
肌にも服にもとにかく優しいです。取り出した瞬間に感動します。


ドラム式洗濯機に関しては必ずしも最新のものを買ったほうがいいというわけではありません。
型落ちのものでも十分に使えます。


お子さんがいる家庭だと毎日洗濯するのが普通ですよね。
もし毎日の洗濯にかかる時間が15分でも節約できれば1ヶ月で450分、1年で5400分(90時間)です。

90時間ということは4日です。
1年間で4日、自由な時間が増えたら何をしますか?


ちょっとした海外旅行だって行けますし、読みたかったけど机に積んでしまっている本をじっくり読むこともできます。
大抵の副業を始める準備も、4日あれば十分です。


少し費用はかかりますが、費用対効果で考えればこれも投資として十分に成立しますね。

ドラム式洗濯機を手に入れて1日15分の時間を作り出す

家事代行サービスを利用する

家事代行

家事代行サービスが増えてきています。
ニュースなどで見たことがある人も多いのではないでしょうか。


相場はだいたい2千円〜3千円程度です。

家事のために2000円も払ってられないよ・・・


という方は、1度ご自身の時給を計算してみてください。


自営業で働く時間に波のある方だと難しいかもしれませんが、サラリーマンであれば自分の時給が計算できるはずです。


30台前後の方であれば、時給が3000円前後の人が多いのではないでしょうか。

家事代行サービスを使うということは、自分の時給価値を守るということです。


基本的に家事をしても何か生み出せるわけではないですよね。


それなら家事代行で浮いた1時間を使って、例えば副業の時間に当てて時給以上に稼げれば、時間を上手く使ったということになります。


副業には興味が無い人でも、家事代行サービスを使うことで自分の時給以上の価値を生み出せる行為をすれば、費用対効果の面で優れた意思決定をしたということになります。

家事代行サービスで家事をする方はプロなので、部屋はピカピカにしてくれます。
正直言って、自分でやる何倍も快適な部屋にしてくれます。


それがたったの2千円とかでやってくれるわけです。
毎日お願いする必要はないですし、試しに1度お願いしてみるのもアリではないでしょうか。


自分の時給価値について見つめ直す、いい機会になるでしょう。


タスカジ

1年間を13ヶ月にする方法

1年13ヶ月

巷には時間管理の本や情報で溢れかえっています。
それだけ現代人は忙しいということです。



時間管理を学ぶために何かしらのスクールに通う人や、時間管理を教えるコーチやコンサルタントとしてお金を稼ぐ人もいます。

時間を増やすというのは、お金を払ってでも叶えたい忙しい現代人の夢でもあります。


あるいは睡眠時間を削ったり、朝の時間を効率的に使おうと早起きをしたり、お金を使わずに根性で時間を増やそうとする人もいます。

時間を増やすための手段はいくらでもありますし、何が正解で何が間違いということはありません。


でも、今までの生活習慣の結果が、毎日の時間に追われている状況を作り出しているということは言えるかと思います。今までになかった時間を作り出すには、何かを変える必要があります。


それは仕事なのかもしませんし、大好きなテレビを見る時間かもしれません。
人付き合いかもしれませんし、数少ない趣味の時間なのかもしれません。


もちろんどれを犠牲にしても、時間は作り出せるでしょう。


でも、比較的に簡単に、無理をせず、すぐに効果が得られるのであればそれに越したことはありませんよね。

今回ご紹介した忙しい人でも時間を作ることができる方法は、お金を使って一瞬で解決する方法です。

 

こんな方法はどの本にも載ってませんし、時間管理の講師も紹介することはありません。


なぜなら今の世の中はこんなに簡単に時間が作れるということを、あなたに知られたら困るからですね。


時間管理なんて難しく考える必要はありません。
自分でやらないことを決めて、便利なものやサービスを使って、余った時間でやりたいことをやろうというだけです。

もし今回ご紹介するものやサービスを使うことで、1日30分は時間が作れます。
1日30分は1ヶ月で900分、1年間で10800分(900時間)です。900時間は約38日です。


1年が13ヶ月になるのと同じ効果があります。


もし1年間で1ヶ月、自由な時間ができたら何をしますか?

1ヶ月あれば短期留学も行けるし、前々からやりたかった習い事を始めることだってできます。

Time is moneyとよく言いますが、Time is Lifeだと思います。
時間とは人生そのものです。

どうか、ご自身の時間を大切に。

そして有意義な時間、有意義な人生を生きていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました